「おもちゃ」せどり - 副業で月収100万円稼いだリヨンのブログ

共働き、こどもふたり、うちひとりは生まれたばかりの赤ちゃん、家事も育児も分担。どこにそんな時間があるのかと思える生活の中で編み出した時間術とせどり術を日々公開していきます。

テクニック

「出品者なし」

投稿日:2018年2月2日 更新日:

こんにちは、

おもちゃせどらーリヨンです。

 

 

 

 

 

店舗でリサーチをしているときに、

せどろいどに「出品者なし」

と出るときがあります。

 

そのときあなたは、どんな反応を示しますか?

 

「ああ、出品者がいないほど世の中に流通していなくて、

人気のない商品だから、

出品したところでどうせ売れないだろう。」

 

 

なるほど、

スルーしますか。

 

 

 

 

 

 

 

もったいなさすぎます。

 

そのとおり、売れないものもたくさんありますが、

そう判断するために、

やらなければいけないことがあります。

 

モノレートで、過去の売れた記録を確認することです。

基本中の基本です。

 

 

たしかに、出品者なしの場合、

過去も売れた形跡がないことの方が多いかもしれません。

 

だから、慣れてくると、

面倒だし、

そのままスルーすることが多くなってくるかもしれません。

 

 

 

なぜ「出品者なし」にモノレートを見る必要があるのか

 

でもよく考えてください。

可能性があると思ったから手に取ったんですよね?

 

であれば、やみくもにリサーチした場合より、

利益の取れる確率は高いはずですよね?

 

であれば、

せっかく手にとって、サーチまでしたんだから、

 

あと一回、

モノレートへのボタンを押すくらいのことは、

面倒がらずにやりましょうよ。

 

いままですごい量を取りこぼしていますよ。

 

 

「出品者なし」は大チャンス

 

それで、

出品者なしが出たときは

僕はその瞬間ものすごいチャンスだと思います。

 

他のカテゴリーはどうかわかりませんが、

おもちゃについて言うと

プレ値で売れる確率はすごく高いです。

 

だから余計に、

スルーするなんてもったいなさすぎるんです。

 

 

 

 

過去の売れた記録を見て、

ランキングや折れた回数や価格帯、間隔、外部要因など

いろんな要素を総合的にみて判断しなければならないのですが、

 

2年以上売れた形跡がなくても

それ以前にしっかり折れていれば

売れることが非常に多いです。

 

出品者がいない理由を考えてみると

商品は依然需要があるのに

タマがないから出品したくても誰もできなかった場合

というのが考えられます。

 

そんな商品を見つけたあなたは、

千載一遇の大チャンスを得たのです。

 

 

 

ですから、

ランキングが悪くても、

直近で数年売れてなくても、

 

それ以前に出品されて一定期間で売れた記録があれば

それは、それ以降出品者がいなかっただけで

需要はずっとあったということです。

だから、売れる率は非常に高いです。

 

 

「一定期間」といいましたが、

出品後売れるまでの期間が

短ければ短いほど

需要度は高い、

 

つまり、

これから出品してもすぐに売れる確率が高い

ということになります。

 

反対に、

過去データで出品後1年以上たってようやく売れたようなケースは

同じかそれ以上売れるまで待たなければならない可能性もあるので

そういうケースでは慎重な判断が必要です。

 

 

単に売れやすいだけでなく、

「プレ値」で売れる可能性が高い

というのもポイントです。

 

過去のデータがすでに

プレ値になっているケースが多いですが、

そこからさらに値段を上げても

売れる可能性は高いです。

 

 

僕は品薄で需要が高く

出品者がいつも僕一人、という商品は

 

売れて次を出品するとき、

階段を少しずつ上がるような感じで

少しずつ値段を上げていきます。

 

あるところで急に売れなくなるポイントがあるので、

その少し手前が限界と判断して、

値段を下げます。

 

そういったことを楽しむ余裕も出てきます。

数パーセントの薄利で回して

すぐ競争になって値崩れする商品では

決して味わえない部分です。

 

でも、やりすぎは敬遠されます。

顧客に愛想をつかされない範囲で調整してください。

 

 

 

『俺様価格』ってなに?

 

Amazonでは、

「俺様価格」

という言葉があります。

 

出品者が一人で、

誰がそんな値段で買うんだ、

というような、

冗談のような値付けをしているセラーがいます。

 

保管料というコストがかかるFBAでも

それをしているセラーがいます。

 

絶対にそんな値段では売れないことが分かっているはずなのに

それでもそうする真意がいまだによくわからないのですが、

まあ、どんな価格をつけようと自由ですから

誰も文句は言えません。

売れないだけです。

 

気を付けなければならないのは、

自分もその値段で売れると勘違いして

 

価格を合わせて出品する

ということをしてしまうことです。

 

売れるわけのない価格ですから

時間のムダ、機会損失、

FBAなら保管料がかかる、

キャッシュフローは悪くなる

セラー名への印象が悪くなる

何にもいいことありません。

 

そうならないために

その価格が本当に売れるか価格かどうかを、

 

モノレートの過去データをしっかり見て、

判断しなければならないのです。

 

 

過去データを見れば

売れる値段はわかります。

それを怠れば、

上に書いたような様々な損失を被ることになるのです。

 

 

今の出品者の価格が「俺様価格」だとわかったら、

躊躇なく、あるいは勇気をもって

売れる価格で出品するのです。

 

俺様価格に遠慮する必要は全くありません。

 

 

次回は、さらに危険なサーチについて警告します

 

店舗でサーチするときの

せどろいどの使い方について

 

もう一つ、すごく危険なやり方があります。

着実に退場への道を歩むやり方です。

 

次回、そこを説明したいと思います。

 

 

 

 

 

それではまた!

 

 

 

   

LINE@で「友だち」大募集中です!

 
登録してくれた方に、  
 
プレ値」連発の、  
あの●●●●●シリーズの  
攻略マニュアルを無料でプレゼント!  
 
さらにシークレットな情報もシェアしちゃいます!  
 
ここから登録おねがいします!!  
↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  
 
   
 
 
 
 

-テクニック

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知らない間に「仕入れ先」にされていますよ

こんにちは、 おもちゃせどらーリヨンです。 最近は、コンサルについてのお問い合わせを頻繁にいただいています。 大変ありがたいことです。 コンサルを受けられたコンサル生の方々も、順調に成果を上げています …

no image

長期在庫保管手数料を最小限に抑える方法

こんにちは、 おもちゃせどらーリヨンです。 長期在庫保管手数料が 間もなく課金されますね。   6か月以上売れていない商品が FBAに置いてある方、 もう処置はされましたか?   …

電脳と店舗とどちらがいいの?

こんにちは。おもちゃせどらーリヨンです。 このところ、だいぶ暖かくなりましたね。 店舗仕入れをするにはずいぶん楽になりました。 去年の11月の終わり頃、仕入として購入した暖房器具が テストで使ってみる …

中古を購入して、これ新品じゃない、と言ってクレームをつける購入者

こんにちは、リヨンです。 クリスマス商戦はいかがでしたでしょうか?僕は、クリスマス向けということで特別何かしたわけではありませんが、扱う商品が「おもちゃ」という特性上、この時期は爆発的に売れます。また …

過去に仕入れたお店には、期間をあけて再度訪問すべし

こんにちは、おもちゃせどらーリヨンです。 先日、約3年ぶりにある店舗を訪問しました。 そこは、地方の地元密着型の古いおもちゃ屋さんです。 そのお店での仕入れで、手前味噌ながら いつのまにか せどりのレ …

ブログ管理人 : リヨン

ブログ管理人 : リヨン

こんにちは、
おもちゃせどらー『リヨン』です!

おもちゃをメインにせどりをやってます。

本業を大きく超える収入を得られるようになり、
ついに月収100万円を突破しました!

稼ぐ柱がもう一つあるのは本当に安心です。
組織に頼らず自分の力で稼げるようになるので、少々のことでは動じなくなります。

一緒にがっつり稼いでみませんか?

いま、LINE@に「友だち登録」していただくと、「プレ値」連発の、あの●●●●●シリーズの攻略マニュアルを
無料でプレゼント!

ぜひゲットしていただき、がっつり稼いじゃってください!

LINE@では、ブログでは書けないさらに深い情報をシェアしています。登録お待ちしています!